もしかして聴覚過敏?大人のストレスをチェックしよう

サイトメニュー

いつ実施するのか

看護師

聴覚過敏などの精神疾患を防ぐ為にもストレスチェックが重要です。ではストレスチェックはいつ実施するのがいいのでしょう。しかし、ストレスチェックはいつ実施すればいいのかと言うと基本的には決まっていません。会社によって変わりますが、平成27年12月に施工されましたので初年度は平成28年11月末までに実施することとなります。また実施する会社は労働者が50人以上いる事業所となっていますが、労働者が50名より少なければ「しなくていい」と判断してしまいますが、これは「義務」ではありませんが「努力義務」とされており「できれば実施した方がいい」という形になります。「うつ」や「聴覚過敏」などのメンタルヘルス不調を未然に防止するための仕組みなので行う方がいいですよね。このストレスチェックを実施しなければ指導の他に50万円以下の罰金となります。労働者が50名より少ない事業所の場合は実行しなくても罰則はありませんが、ただ同じく、従業員が心身的な問題を抱えた場合に、「努力義務であるストレスチェックを実行していなかった」となると、一段弱い立場となってしまいます。逆にストレスチェックを実行していることで、「努力義務であるストレスチェックについて、きちんと実行していた」と主張することもできます。またストレスチェックを実施した後に高ストレスと判断された労働者から面接指導の届け出が出された場合、医師に依頼して面接指導を実施しなければなりませんが、面接指導の実施日は「申し出があってから1ヶ月以内」と決められていますので必ず行いましょう。(労働者の申し出も結果が通知されてから1ヶ月以内と決まっています)また面接指導を実施した医師から、就業上の措置の必要性の有無とその内容について、意見を聞かなければなりません。(医師からの意見聴取も面接指導後1ヶ月以内に行わなければなりません)医師からの意見を聴いたうえで対応できる措置を行いましょう。また面接指導の結果は事業所で5年間保存することを推奨します。医師からの報告をそのまま保存しても大丈夫です。ちなみに報告内容を会社で管理する場合は実施年月日、労働者の氏名、面接指導を行った医師の氏名、労働者の勤務の状況、ストレスの状況、その他の心身の状況、就業上の措置に関する医師の意見などを保存しましょう。また労働者が50人以下の場合、ストレスチェックは努力義務とされていますが、人数が少ないということでストレスチェック結果を一定規模の集団(部、課、グループなど)ごとに集計分析してもらい、その結果を提供してもらいましょう。さらに集団規模が10人未満の場合は、個人特定されるおそれがあるので、全員の同意がない限り、結果の提供を受けてはいけません。原則としては10人以上の集団を集計の対象としましょう。大人だから、ストレスを感じても我慢しなくてはいけないと考えてしまう人も多いかも知れません。しかし、ストレスの多い大人だからこそしっかりチェックして行くのが適切です。

Copyright© 2019 もしかして聴覚過敏?大人のストレスをチェックしよう All Rights Reserved.